前へ
次へ

学習塾に通う、県別のランキングから見える内容

学習塾に通う割合は、都道府県によって偏りが存在します。
割合で最も多いのが、奈良県と神奈川県が一位のランキングです。
奈良県と神奈川県の通塾率は、74.3%です。
奈良県は、若者が遊ぶ娯楽施設も少なく、奈良時代は、学問に対する意識が高く、その名残が現在でも学習塾に対する意識が高まりやすくなるのかもしれません。
神奈川県は、地方出身者も多く、社会に適応するための学ぶ意識が高い可能性も考えられるでしょう。
東京の学習塾におけるランキングは、意外にも全国6位であり、都会ならではの貧富の差が存在している可能性もあります。
学習塾に通う割合の全国の最下位は、岩手県であり、29.6%のデータが存在します。
岩手県は、人口密度も少なく、塾の経営が成り立ちにくい可能性が考えられるでしょう。
最も貧困率の高い沖縄は、全国28位の52.8%です。
貧困でありながらも、そこから抜け出したい意識が、半分なみに存在しているのかもしれません。

Page Top